【期間限定】7人分の即った女との音声を無料公開しています。(1日1即)

メールアドレス

・警戒されないで共感を得るためのナンパ質問

ナンパ情報局

どんな男女でも最初は初対面

女の子と知り合うためにはまず「出会い」を確保しないといけないわけですが、どんな男女でも最初は初対面ですよね。

きっかけが、合コンにしろ、ストナン(ストリートナンパ)にしろ、クラブやパーティーにしろ、初めて会う人にたいして警戒心を抱くのは当たり前です。

ここでは女性をソノ気にさせる警戒心を解くための会話を学んでもらいます。

警戒心を解くためには、その逆の作用を知ればいいでしょう。警戒の逆心理は共感です。

つまり共感を得られるように仕向けることが大切になります。

そのことを前提におきつつ、初対面で一般的にされる会話をいくつかシミュレーションしておけば、人見知りで頭が真っ白になって話すことが浮かばないということにも対処することが可能です。

まず一般的に初対面でされる会話の質問を箇条書きにしてみました。

・名前を聞く

・仕事を聞く

・年齢を聞く

・住んでいる場所を聞く

おそらく出会いのきっかけが何であろうと、こうした質問群をあなたのほうから質問する、もしくは相手からされることでしょう。

ここで警戒されないで共感を得るためには、「相手の情報と同時に自分の情報を対等に与える」ということです。

これがフレーズ1になります。では具体的なフレーズを解説していきますので参照してください。

「名前は何ですか?僕は**って言います」

「仕事は何ですか?僕は**をしています」

「年齢はいくつですか?僕は**歳です」

「どこに住んでいますか?僕は**に住んでいます」

いかがでしょう。相手に質問をすると同時にその質問群に関して当てはまる自分の回答を先に提示していますよね。

これを心理学では「自己開示」といい、人は一方的に質問をされると尋問されているような感覚になるため嫌悪感を感じますが、相手から情報を提示されると、自分も同等の情報を提示しなければ罪悪感を感じるために、ついつい答えてしまうという心理におちいるのです。

つまり質問だけで終えてしまい、あなたが自分の情報を開示しない場合は、嫌悪感を与えますが、あなが先に自分の情報を提示しておけば、相手は罪悪感を感じて自分の情報を提示してくるというわけです。

質問と同時に開示するというのがポイントで、もちろん、合コンなどだと相手の名前を聞いてから自分の名前を言ってもいいのですが、同じ質疑応答でも出会いがストナンとかだと無視された場合にアウトになりますよね。

いちいち出会いのパターンに応じて挨拶を変更するというのは、頭で記憶しておくのが面倒なので、ここは最初から「質問と同時に自分の情報を開示しておく」とインプットしておいたほうが簡潔でよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました