【期間限定】7人分の即った女との音声を無料公開しています。(1日1即)

メールアドレス

Lv21:ナンパと恋愛とSEX

本質が重要

ナンパとは何でしょう。
恋愛とは何でしょう。
SEXとは何でしょう。

ナンパは「出会い」です。人と人とが出会うための入口にしかすぎません。一般的な出会いなど、ほんのわずかなチャンスしかありません。学校での出会い、会社での出会い。

そんな小さな切っ掛けの場を逃してしまえば、あとは再トライすることも無く人生は終われというのでしょうか。

人生は過酷です。

誰もが平等や公平に同じスタートラインに立てるわけではありません。

それでも愛は大切だと世は問います。

では愛とは何か?と問いても、誰も答えてなどくれません。あなたが愛を求めても、誰も手を差し伸べはしません。同じく、あなたの存在を求める人が世の中に存在していたとしても、出会いがなければ知ることなく終わるのです。

これは「ナンパ」について書かれたWEBサイトですが、あなたがこの文章を読んでいる、瞬間こそが「出会い」なのです。

ここまでの講座項目はナンパについて書いてきました。それは出会い方の一部について記載し教えてきただけです。

恋愛とは何か?
SEXとは何か?

ここからは恋愛テクニックについて語ります。

小さな檻に閉じ込められた人は、一生檻で生きろというのでしょうか? 扉に鍵はかかっていないというのに・・・

勇気をもって飛び立つだけで自由は、目の前にあるというのに。たとえ真実や現実が残酷で過酷であろうとも、あなたが自分の力で経験したことは無駄ではありません。

そこに学びがあるのですから。

ナンパが「出会い」であるのならば、恋愛とは何なのでしょうか?

よく「ナンパは最低」、「SEXのことしか考えてない」、「付き合ってからSEXするのが普通」などという人はいるかもしれません。ならば惚れた女が風俗嬢ならばどうでしょう。ストリッパーならばどうでしょう。身体を売って生活をしている人々は最低な職業のでしょうか。

オタクだからモテない?それもイメージでしかない。なぜなら人は何かしらのオタクだからです。オシャレが好きな洋服オタクかもしれないし、コスメが好きな美容オタクかもしれない。

結局のところ「本質の見えてない人々」は、口だけなのです。

ルックスが良いとモテるとか、高級外車に乗ってるからモテるというのは、その「物」にたいして寄ってくるのであって、あなたの本質に惹かれてきているのではないわけです。

ルックスや学歴などのステータスは「情報」であり、武器の一部としては使えますが、その武器を手放したときに戦えるかが本質的な部分なのです。何も持たざる状況でも女性を魅了する事ができるかどうか。極端な話ですが、それが本質でアリ、男女ともに身に着けるべき恋愛学だと思います。

恋愛はナンパと同じく技術が必要です。ナンパは「出会い方」でしかないので、恋愛関係に発展させていくためには「恋愛技」というものが必須になってきます。恋愛もナンパも主には心理テクニックの応用ですが、心理学を学んでもモテるわけではありません。なぜならば使い方つまるところアプローチのタイミング方法を知らなければ無意味なのです。

同じように自分の本質というものは「長所のアプローチ手法」を間違わなければ上手くいきます。

ポーカーが強い手しか勝てないわけではありませんよね。そこには戦略があり、自己を知り相手を知り、持ち札によって戦い方を変化させることで勝てるわけです。チート能力は有利であっても油断が生まれ打たれ弱いですから。ハングリー精神にこそ形成逆転が待っているのです。

ナンパと恋愛の決定的な差はSEXの先にあるかどうかです。恋愛はSEXがゴールではありません。

むしろ初対面でいきなりSEXをしたからといって、相手の魅力に惹かれて恋に落ちるかもしれません。あなたが本気でも相手は遊びかもしれません。そこからどう恋愛関係に発展させていけるのか?それが今まで学んだナンパ技と、これから学ぶ恋愛技を組み合わせることで、本気の恋愛を突破するための鍵になるわけです。

これは、あなたが本気で惚れた相手と幸せになるための講座なのです。

でも、もしかしたら手に入れた幸せは、あなたの思い描いていたものと形が違うかもしれません。
たとえそうであったとしても、あなたの人生において本気で惚れた相手のために費やした時間は無駄ではないのです。

今現在、恋に苦しんでいる人もいるかもしれません。

過去につらい恋愛をして傷ついた人もいるかもしれません。

お互いが本気で愛し合い、本気でぶつかって、本気で傷ついたとしても、「出会えたことに感謝できる関係性」そこに愛の本質があります。

だから、経験した恋愛に感謝してください。それは、あなたを成長させる肥やしとして必要な運命だったとわかる日がくるはずですから。

この言葉は、経験した人にしか伝わらないことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました