【期間限定】7人分の即った女との音声を無料公開しています。(1日1即)

メールアドレス

・ナンパの種類やジャンル

ナンパ情報局

ナンパにも種類がある

一般的にナンパと聞くと、街で声をかけてくるチャラチャラした雰囲気の行為だと思われますが、実はナンパにも様々な種類やジャンルに分類されています。大まかに分類すると、

  • 路上で声をかける「ストリートナンパ」
  • DJが音楽を鳴らして客が踊る店で声をかける「クラブナンパ」
  • インターネットを利用した出会い系やSNSやアプリなどを利用した「ネットナンパ」

この3つになりますね。これがナンパメインカテゴリーだとすると、さらにサブナンパカテゴリーみたないな要素が各自に存在しています。

メインカテゴリーとサブカテゴリー

例えばストリートナンパであれば「直説法」「間接法」という2種類に分類され、さらに声のかけ方も「誠実系」「面白系」「オラ系」などがあります。

クラブナンパだと「小箱」「中箱」「大箱」とクラブじたいの大きさを表す値を箱というのですが、クラブのジャンルによって、まったく女性のターゲット層が異なるので注意が必要です。箱の大きさ以外にも、店でDJが選曲する音楽ジャンルなどもナンパに影響します。

ネットナンパは、過去にはメールナンパとも呼ばれており、以前は「出会い系ナンパ」が中心でした。しかし時代の流れによりmixi、GREE、などが現れネットナンパの狩り場になってましたが、今では衰退。

現在は「ツイッターナンパ」「マッチングアプリナンパ」という具合に、新たなソーシャルメディアやアプリの誕生により、もはや自宅で寝そべりながらでも、スマホ片手に女性と出会えてしまうツールと化してしまっている状態です。

ナンパにも流行り廃りというものがある

ナンパメインカテゴリーについては時代が移り変わっても消えることはまずありえませんが、ナンパのサブカテゴリーに関しては、流行や自分の好みといったものが大きく影響してくるせいもあってか、流行り廃りというものがありますね。

例えばテレクラは当時と比較して、あっとうてきに利用する男性は少なくなりましたし、「じゃマール」「わぁでぃ」などの投稿雑誌を利用したナンパや、カメラナンパとか名刺ナンパなどもというものは、存在自体を知らない人も多いのではないでしょうか。

そういった昔ナンパ方法を知りたい人は「ナンパの歴史」に保管してある1998年のナンパ掲示板を見てみましょう。今とは、まったく違うナンパもあれば変わらないナンパもありますから。

ナンパスタイルを確立するまでは全部試す

ひとくちにナンパと言いましても、その手法はたくさんあるわけですから数あるナンパの中で自分にピッタリの方法を発見することが必要不可欠になってきます。

本当はストリートナンパの実力が隠されているのにもかかわらず、路上で声をかける勇気がないからと躊躇してネットナンパしかやらないという人も僕は多く見てきました。

そのくせネットナンパも、ただ闇雲に送信したりメッセを送るだけなので、イイ女と出会えないと悩むしまつ。

でも、ストリートナンパを教えてみたら、あっという間に味をしめてソロナンパでもガンガン声かけしちゃうみたいなね。こういうタイプはネトナンよりもストナンのほうが向いていたというわけです。

ナンパの落差

ようするに自分のナンパスタイルを確立できているかどうかで実力の差が変化してくるのです。

実際にナンパをする人の中には、ストリートナンパでは実力が出せるけれど、クラブナンパでは、まったく声をかけることすらできないとか、

ネットナンパでは物凄く女を捕まえることが上手いけれど、ストリートやクラブナンパでは一声かけすらもできないという人だっていますから。

この落差って物凄いですからね。手法や場所が違うだけで、まったく今までのやり方が通用しなくなるので、凄腕ナンパ師もまったく実力が出せなくなったりするのです。

つまり、自分に合ったナンパスタイルを見つけることが1番効率よく女性を捕まえることができるのではないでしょうか。

とりあえずクラブでナンパしてみる

ナンパのメインカテゴリーが定まらない人は、とりあえず全部実践してみることをおすすめします。クラブに1回も行ったことが無いのに、クラブは苦手だからナンパできないなんて言うのはおかしいですから。

別にお酒が飲めなくても踊れなくてもクラブという空間じたいが、もうナンパしてよい雰囲気なため声さえかければ、たいがいの女性は話を聞いてくれます。

つまりクラブは無視されることなんかほぼないですし、たまに逆ナンしてくる子すらいますからね。

暇なときはネットナンパもしてみる

ネットナンパも「待ち」と「攻め」の2手法が存在しますが、暇なときに「待ち」手法で投稿してネットナンパしておいて、そのままストリートナンパに出かければ、出会いの数は倍増しますから。

とにかく、いろいろためしてみることが大切だと思います。

タイトルとURLをコピーしました